ログイン
トップ魅力データベースブログ住んでみたよ!とくしまで〈ドローンも飛ぶ町〉前回にかけてみました。笑

移住ブログ

〈ドローンも飛ぶ町〉前回にかけてみました。笑

まだひとりであちこち出かける勇気がなくて
『どうしようかな,ブログの題材がない。。。』
とちょっと困った週末に,同じ推進員さんが
那賀町という自然豊かなところにドローンの研修に行ったと聞きました。
『え~いいな。わたしもいかせてもらえばよかった(´;ω;`)書けたのに』
とつぶやいていていいことを思いつきました。

( ̄― ̄)ニヤリ 書いてもらおう。

ということで,今回はドローン体験(別の人の)を紹介します。
那賀町は徳島県の下の方,高知県との県境の町です。
どんなところかはまだ行ったことがないのでガイドに載っている情報を少し。
『地域の9割が森林で朝夕の寒暖差の大きい県で2番目に大きい面積の町』
あとは行ってから紹介しますね。笑
では,那賀町でのドローン体験談を。

『事の発端はドローンの講習に参加しないかという誘いから始まった。
少し興味が向いていたこともあり,
せっかくの機会だしついていくことにした。
当日,県庁北門。待ち合わせの時間は8時45分。
人がぞろぞろと集まってきた。
バスに揺られること約2時間,那賀町の桜谷小学校へと到着した。
​校舎の中へ案内され,
那賀町がドローン特区として様々な取り組みをしている事を説明される。
説明の内容としては,これまで林業等,
手でやっていたワイヤーを張る作業を
ドローンを使って効率化する的な話をしていた。
常々聞いていた話なのでおさらいといった感じだ。
『早く人が乗れるようにならんかな~』等思いながら聞いていた。
そしてドローンを実際に飛ばしてみようという事になったのだ。
待ってました。

飛ばすドローンは昨年行われたオモチャの様なものではなく
本格的な「Phantom」の旧型。
多分2だと思う。いや,3か?確か4が最新だったはず。
そして先生からコントローラーの説明を受けた。
2台のコントローラーが有線で繋がれており1台を研修生が操作する。
危なくなったら切り替えて先生が操作するというもので,
車の教習で助手席にブレーキがついていたが
さらにハンドルまで付いたようなイメージだ。

そして実習が始まった。
1人5分ほどPhantomを飛ばす。
去年はミニ四駆みたいな小さなモノだったので順番待ちの間にテンションが上がる。
PhantomはオモチャではなくGPSで補助される本格的なドローンで
テレビに映るのも大体これである。
ついに自分の番が回ってきた。
最初の離陸は先生がやってくれる。
そしてホバリング状態で操縦を渡してもらう。
すごい!オモチャとは安定感が段違いだわ。
動きがスムーズ。
高く飛ばしたり左右に移動させたり思うように動かせる。
「じゃあそろそろ終わりましょうか」
え,もう5分経ったの……楽しくて時間忘れるわ。


_________.jpg

笑顔の女性はわたしの席の隣の職員宮本さんです。楽しそう(*´∀`*)

最後は先生のデモンストレーション,曲芸飛行を見せてもらって終了。
縦横無尽に…いや,上下にも動くから"縦横高低無尽"に?飛び回るドローン。
​まじパねぇ。。。
曲芸飛行のラストは箱の中に納まる精密な挙動も見せてもらえた。
ハンパねぇ。
しかしこの曲芸飛行がどう仕事の役に立つのかは謎である。
自由自在に動かせると自然とできるようになるのだろうか?

_________.jpg

ドローンを飛ばしています。小さいですけれど見つけてください。笑

結論
最初はマニュアル感のあるオモチャで練習した方が良いのかもしれない。
Phantomはオートマ感がある。
そして高性能なドローンはやっぱり安定感が違う。』

書いてもらって名前を確認に行ったら驚かれてしまいました。
そうです,ブログに載せると伝えていませんでした。
でも匿名希望で快く承諾してくれたので載せることができます。
どうもありがとう。
次はちゃんと自分で見つけた徳島を書きます(*´ω`*)
早くどこにでも行けるようにならなくちゃです。

 

 

 

 

住んでみたよ!とくしまで

徳島県地方創生推進課
徳島に引っ越したばかりの猫好きが書く徳島紹介ブログです。『あなたの知りたい徳島』,『あなたの紹介したい徳島』をお伝えできたらいいなぁと思っています。一緒に徳島の魅力を発見できたら嬉しいです。

TOPへ