ログイン

移住者インタビュー

20代

みんなが笑顔で過ごせる憩いの場をつくりたい

Iターン 20代 佐那河内村 専門・その他

植松 里奈さん 明るい笑顔が印象的な植松里奈さん。自分がいきいきできること、やりたいことは何かを探すため、会社を退職。自然が好きで、一度田舎で生活してみたいと思っていた植松さんは「緑のふるさと協力隊」として佐那河内村に。活動終了後、ふたたび村に戻ってきた彼女が今、何を感じ、これから何をしようと考えているのか。移住者だからこその視点がそこにありました。

みんなが笑顔で過ごせる憩いの場をつくりたい

いつの日か、このまちの農業に恩返しを。

Uターン 20代 藍住町 農林漁業

佐野健志さん 愛知県の大学院を卒業後、生まれ育った藍住町にUターンを果たした佐野さん。祖父が行っていた農業を再開し、町の特産品として有名な春ニンジンなどを栽培しています。「周りで支えてくれる方々がいるから、ここまでやってこられた」と笑顔で話す彼に、故郷や農業に対する思いを伺いました。

いつの日か、このまちの農業に恩返しを。

自分たちだけの「色」を表現するために。

Iターン 20代 30代 上板町 工芸

渡邉健太さん・楮覚郎さん 上板町地域おこし協力隊の同期として、偶然の出会いを果たした渡邉さんと楮さん。二人が立ち上げた「BUAISOU」は、藍の栽培から製品製作までを一貫して行うアーティストグループとして、国内外から大きな注目を集めています。それぞれの言葉から、上板町から始まった、新たな「藍色」の物語が見えてきます。

自分たちだけの「色」を表現するために。

阿波おどりに魅了され、徳島で暮らしています。

Iターン 20代 徳島市 専門・その他

髙島悠佑さん 徳島の阿波おどりを代表する有名連の一つ「天水連」で鳴り物を担当する髙島悠佑さん。大阪で生まれ育った彼が徳島市へ移住を決めたのは、ほかならぬ阿波おどりがきっかけでした。現在の生活はどのようなものなのでしょう。

阿波おどりに魅了され、徳島で暮らしています。

TOPへ