ログイン
トップ支援制度藍住町阿波藍の里 徳島県藍住町で地域おこし協力隊募集!

藍住町移住支援情報

阿波藍の里 徳島県藍住町で地域おこし協力隊募集!

ainoha.jpgaigame1.jpgaizome.jpgyakata2.jpgainohana2.jpg

 古くから日本人の生活に深くかかわり、日本中を青く染めた藍。藍住町を含む徳島県北部の吉野川流域は、藍を生み出した藍の里で、その歴史は、平安時代末期の藍染めの原料の葉藍の栽培に始まります。
 室町時代後半、現在の藍住町では三好氏が支配する勝瑞城下で、藍染めの伝統技術であるすくもづくりと染めが行われるようになったとされており、江戸時代では、藍商人の町として栄えました。
 しかし、葉藍の栽培やすくもづくりをする方が途絶えている今、『阿波藍の里・藍住町』で、これら伝統技術を復活させるべく、藍住町地域おこし協力隊設置要綱に基づき、次のとおり「地域おこし協力隊」隊員を募集いたします。
 地域おこし活動を終えた後に、藍住町内において起業、就業する思いを持った皆様の応募をお待ちしています。

募集内容

1.募集人員
  地域おこし協力隊員 3名
 
2.業務内容
 (1)伝統文化である藍染の染料(すくも)の生産加工から藍染体験までの行程の支援・従事
   ア 藍の植え付けから栽培管理・収穫・すくも加工までの一連の作業工程の県内農家での実習及び農作業
   イ 藍染技術習得のための藍の館等での藍染実習
 (2)藍住町歴史館「藍の館」を運営する藍住町観光物産協会と連携し、同施設の改善・改修への支援
 (3)藍住町の魅力の発掘・発信
 (4)新たな特産品の開発・販売支援
 (5)耕作放棄地の有効利用
 (6)各種地域イベントの支援
 (7)「藍住町地域おこし協力隊業務日誌」を毎日作成・提出(休日で活動していない日を除く)
 (8)「藍住町地域おこし協力隊活動報告書」を年一回以上作成・提出
 (9)その他、町が地域おこし活動として認める事業の支援
 
3.募集対象
 (1)年齢20歳以上40歳以下(平成30年6月1日現在)の男女
 (2)3大都市圏(埼玉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県)及び政令指定都市(条件不利地域は除く)に住民票があり、藍住町に住民票を異動し、移住の出来る方
 (3)自動車運転免許を所持し、自己が用意する車を活動に使用できる方
 (4)パソコンを使って文書の作成や表計算、電子メール等が出来る方
 (5)藍染に興味のある方
 (6)心身ともに健康で、この地域活動に意欲と情熱を持って参加できる方
 
4.勤務地
  藍住町、及び県内(農家での実習時、研修ほか)
 
5.勤務時間
  藍住町嘱託員及び臨時職員の雇用に関する要綱に準じます。ただし、時間外勤務が生じる場合があります。
 
6.休日・休暇
  原則として土・日曜日、祝日、年末年始を休日とします。ただし、必要に応じ休日出勤した場合は、休日を振替します。
  有給休暇はあります。
 
7.任用期間等
  藍住町の嘱託職員として藍住町長が任用します。
  期間は任用の日から起算して6月を超えない期間とし、6月を超えない期間で更新することができ、最大で3年間とします。

応募手続

1.申込受付期間
  平成30年4月2日(月)から平成30年5月31日(木)までです。
 
2.提出書類
  次のとおり、自由様式で提出してください。
  ア 履歴書(写真添付、必ず携帯以外のメールアドレスを記入のこと)
  イ 地域おこし協力隊として活動していく意気込みをアピールする文書
  なお、提出書類については返却しません。
 
3.提出方法
  郵送に限ります。申込受付期限必着とします。
 
4.申し込み・お問い合わせ先
  〒771-1292 徳島県板野郡藍住町奥野字矢上前52番地1
        藍住町教育委員会 社会教育課
        TEL 088-637-3128  FAX 088-637-3153

選考の流れ

1.第1次選考 
  書類選考の上、6月上旬に結果を応募者全員に文書又はメールで通知します。
 
2.第2次選考
  ア 第1次選考合格者を対象に第2次選考(面接)を実施し、隊員を決定します。
  イ 詳細な日時等は、第1次選考結果を通知する際にお知らせします。
  ウ 第2次選考実施会場までの交通費等は応募者の負担とします。
 

待遇等

(1)賃金は月額146,100円とし、期末手当を支給します。
(2)住居は町が用意します。
(3)町から任用を受けた地域おこし協力隊員は、町及び活動拠点団体の指示に従い活動するものとし、次に定める場合は任用を取り消すことがあります。
   ア 勤務実績がよくない場合
   イ 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、また、これに耐えない場合
   ウ 職務上の義務に違反し、又は職務を怠った場合
   エ 隊員としてふさわしくない非行があった場合
(4)地域おこし協力隊員が負担するものは次のとおりとします。
   ア 本町までの交通費、引越しに必要な経費
   イ 活動期間中の健康保険料、年金保険料などの社会保険料(個人負担分)
   ウ 住居に係る光熱水費、電話等通信費
   エ 活動期間中の生活に必要な備品、消耗品など
   オ 活動期間の移動に係る自己が用意する自動車及び町負担外の燃料費
(5)活動における車の燃料費を、月額10,000円を上限として支給します。

その他

(1)募集に関する質問は、「地域おこし協力隊応募に係る質問事項について」と、見出しを付して文書にて、郵送、FAX、メールにて提出してください。電話での質問は受け付けませんのでご注意ください。
(2)質問書には「質問内容」の他、「住所」「氏名」「FAX番号又はEメールアドレス」を明記してください。
(3)質問に対する回答は、質問者にFAX又はメールにより回答します。
(4)以上は、土曜日、日曜日、祝日における受付、回答はしませんのでご注意ください。

カテゴリー

地図

市町村一覧

イベント

2018年4月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12

TOPへ