ログイン
トップ魅力データベースブログ阿南市移住交流支援センター地域おこし協力隊募集 ―地域紹介編①―

移住ブログ

地域おこし協力隊募集 ―地域紹介編①―

現在、3地区で地域おこし協力隊を募集中の阿南市。

どんな地域なのか、協力隊の活動ってどんなことをするのかを3回に分けて紹介します!

住民が元気なまち ―加茂谷地区―

阿南市西部にある加茂谷地区。10町が集まった地域で、昔は「加茂谷村」と呼ばれていた名残でいまも「加茂谷」と呼ばれています。那賀川沿いに点々とある集落。山と川に挟まれた加茂谷は空気も人もどこかのんびりと温かい。

那賀川と山々.JPG

IMG_0516.JPG

しかし、そんな加茂谷も昔に比べて人口は減り、高齢化率も上がる一方。今や半数近くがおじいちゃんおばあちゃん。

(でも田舎のおじいちゃんおばあちゃんってめちゃくちゃ元気です。)

――このままではいけない。その思いで地元の有志によって結成されたのが『加茂谷元気なまちづくり会』です。

一番に声をあげ、会の立ち上げの中心となった会長である山下和久さん。

IMG_0165.JPG

加茂谷について語らせたら止まらない!熱いパッションを持った事務局長、柳沢久美さん(左)。

IMG_0109.JPG

このお二人を中心に加茂谷に暮らす住民たちがボランティアで空き家や農地の紹介から引っ越しの手伝いなど、移住の受け入れを全面でサポートしてくれます。

加茂谷元気なまちづくり会のインタビューはこちら▼

https://tokushima-iju.jp/interview/1181.html

まちづくり会の人たちの気さくで温かい人柄に魅了され、加茂谷に移住してきた人はいまや13組。

飲食店もなかった加茂谷ですが、移住者がパン屋さんやレストラン、カフェをオープンするなど少しづつですが変わってきています。

 

 

農業をやりたい。そんな人たちを応援します。

 

昔から農業が盛んな加茂谷地区。

加茂谷元気なまちづくり会のメンバーも農家が多いこともあり、“農業をやりたい!”と新しく農業にチャレンジする移住者にも手厚く支援してくれます。

ハウスすだち、みかん、イチゴ、サンチュなど年間を通して様々な野菜や果物を栽培している加茂谷ですが、その中でもおすすめなのが、チンゲン菜

おすすめ理由は4つ。

①比較的投資が少なくてよい。

②農業未経験者でも比較的育てやすい。

③栽培に失敗してもやり直しがきく。(年間8作前後できる)

④まわりに先生がたくさんいるので何かあってもすぐ聞ける。(JA部会、ベテラン農家)

 

実際に加茂谷で農業を始めた移住者もチンゲン菜栽培からはじめています。

サラリーマンだった國中さんは平成27年に三重県から加茂谷に移住しました。

IMG_9947.JPG

國中さんのチンゲン菜ハウス。青々とした元気なチンゲン菜が収穫を待っています。

IMG_9923.JPG

IMG_0229.JPG

 

さらに、加茂谷では地元スーパーの産直「すきとく市」への出荷・販売に力をいれています。

sukitoku1.jpg

通常、値段は市場がきめるため、生産者が値段を決めることはできません。しかし、すきとく市だと価格も出荷量もすべて自分で決めることができ、いいものを作ればそれだけの付加価値をつけられます。規格外サイズや少数のロットでも販売もできることから、売り上げがあがった、という生産者さんも増えてきました。

私たち消費者にとっても、新鮮で安い野菜が買えるのは嬉しいもの。すきとく市も地元でも人気です。

IMG_9858.JPG

 

就農のサポートをしてくれるのは地元の農家さんだけではありません。

阿南農業支援センターの山田 裕さん。加茂谷の一員といっていいほど、地元農家さんたちの熱い信頼をうけています。

IMG_0239.JPG

農業支援制度はもちろん、就農した後のフォローもしっかりしてくれて、初心者にとっても安心です。

地元のベテラン農家さん、支援センター、そして先輩移住者といろんな方向から支援してくれる。

農業って始めるまでは『やっていけるのかな?』と不安なこともあると思いますが、

加茂谷なら「なんとかなる!」そう思ってしまうくらいの支援体制なんです。

 

 

地域おこし協力隊としての農業研修と農業振興。

 

今回募集している地域おこし協力隊は任期修了後に農家として独立予定の「農業研修生」と地域農業の活性化につながる活動をしてもらう「農業振興担当」に分かれています。

IMG_0190.JPG

「農業研修生」は研修先の生産者のところで必要な知識や技術を勉強してもらいます。野菜のこと、土のこと、農業のこと、地域のこと。独立するまでに学ぶことはたくさんあります。

一方、「農業振興担当」は地域の農産物を使った6次産業を企画したり、農産物のブランド化、販路拡大など、加茂谷の「農業」が盛り上がるような企画・運営をしてもらいます。

IMG_0192.JPG

どちらの担当も加茂谷の地域の人たちとかかわりながら地域に根付いた活動になります。

いろいろな人と関わりながらその地域を“農業”という手段で盛り上げていく。

そんなことに興味がある方はぜひ一度加茂谷に訪れてみてください。

きっと加茂谷の土地とまちづくり会のみなさんの人柄に魅了されるはずです。

 

▼加茂谷元気なまちづくり会ホームページ▼

http://kamodani.com/

▼募集要項はこちら▼

https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/23880

 

**********************************

banner.jpg

“阿南市移住交流支援センター”

https://www.anan-iju.com/ 外部のサイトに移動します 別ウィンドウで開きます。

**********************************

 

阿南市移住交流支援センター

阿南市
四国最東端にあり、自然と産業が調和したまち阿南市。 海・山・川、そして便利な街の暮らしもそろってます。子育て支援も充実していることから、「移住しやすいまち」にも選ばれました! いろんな暮らしの選択肢ができる阿南市で、あなたの移住ライフをスタートさせてみませんか?

TOPへ