ログイン
トップ魅力データベースブログ住んでみたよ!とくしまで

移住ブログ

移住者交流会/イチゴ狩りに行ってきました(*´∀`*)

3月4日に美馬町で移住者交流会が行われました。
会場は1月に訪れたイチゴ農園です。
徳島に移り住んだ人たちが40人ほど集まって
日曜の午後を一緒に過ごしました。

1週間くらい前から当日の天気は雨と予報されていましたが
蓋を開けてみると快晴!(*´∀`*)
平成29年度の交流会は全ていいお天気となりました。

この日,わたしはイチゴをお腹いっぱい食べようと
朝から何も食べずにもうワクワク((o(´∀`)o))。
現地に着くと何班かに分かれて座り,
イチゴのかぶりものをした農園主の近藤さんの
挨拶とイチゴ狩りのノウハウを聞いて,
班の人たちと自己紹介をしあって,
アンケート用紙が配られて。。。
もう待てなーい!笑

さあ!お待たせしました。
食べたイチゴのヘタ入れの紙コップを手に
いそいそとイチゴハウスへ。
1月に見たときよりも赤くて大きなイチゴが並んでいます。

イチゴ3.jpg
一口では食べきれない大きさです。

イチゴをおいしく食べるコツは
・ヘタを取ってヘタの方から食べる。
   イチゴは細い先っぽに向かって甘くなっているんです。
・サイズの大小にかかわらずヘタのところが裂けているものがおいしい。
   見た目はよくありませんが全然味が違います。
   甘さが強いというか濃いというか。

腰の高さにあるイチゴを歩きながら摘んでは食べ摘んでは食べ,
わたしは29個食べました。
30個目はみんなで作るいちご大福用。
イチゴで一杯になったお腹を抱えてハウスを出て
別のハウスに用意された椅子で一息つきました。

そこにお茶や手作りのこんにゃく,へぎもち,
農園のイチゴを使ったイチゴミルクが
丸めたあんこと一緒に出てきました。
まずはイチゴにあんこをかぶせて大福作りの準備です。
「今お餅を準備しているので待ってくださいね」
ということでまたまたお食事タイム。

イチゴ4.jpg
近藤さんの手作りこんにゃく

イチゴ2.jpg
やっぱり近藤さんの手作りへぎもち。
ほんのり甘くてさくっとふわっと柔らかです。

イチゴ1.jpg
イチゴたっぷり!


イチゴでいっぱいのお腹のどこに入るのか,
こんにゃく(お醤油をつけて)がおいしすぎて箸が止まりません。
好きなだけ食べて満足していると
「こんにゃく,もらってもいいですか?」
参加した小学生が,自分たちのところがなくなったのか
お箸を持ってこちらに来ました。

どうぞ,そうぞ。笑
それくらいおいしいこんにゃくです。
イチゴミルクのおかわりもきて至福の時を過ごしていたら
大福もちの生地ができあがりました(^^)
自分で摘んだイチゴに柔らかいお餅をかぶせて
『マイ大福♡』のできあがりです。

いちご.jpg
イチゴを見えなくするのは結構難しいんです。笑


一瞬お皿に乗せて記念撮影,ペロッと食べました。

わたしの隣りに座っていたご家族は
東京から阿波市に3年前に移住してきたとのことで
小さなお子さんが3人いました。
医療費がかからないことがとても助かると話され
阿波市は人柄もよくて暮らしやすい町とも。
徳島出身で徳島が大好きで旦那さんを連れて戻ってきたという人や,
仕事で数年住んで徳島が大好きになり定住を決めた家族もいました。

帰りには近藤さん手作りのこんにゃく
(1個100円!)をふたつ買って。
(家では酢味噌をつけて食べました。これがまた美味!)
おいしくて楽しい移住者交流会でした。

 

 

 

 

 

 

図工をしました。

みなさんは、『移住・交流フェア』に行かれたことはありますか?
地方の自治体や企業・関連団体が東京や大阪などで開催する,
『わたしたちの住む町』の魅力をアピールしつつ
移住を考えている方の疑問や不安に答える,『相談会』。


年に何度も行われるのですが,その中のひとつ,
1月21日(日)に東京ビックサイトで開催された
『JOIN移住・交流地域おこしフェア』
で使う展示物を作成させてもらいました。
今回は美馬市,阿波市,阿南市,那賀町,
美波町,牟岐町,海陽町,つるぎ町が参加するということで
8市町の特徴を絵にしてみました。
それがこれです。

unnamed.jpg

サイズが縦140センチ,横180センチと大きくて
自分の机では描けないため
あちらこちらの会議室を借りてもらい作成,
最後は(つまりここ↑)女子更衣室で仕上げました。笑

開催場所が東京だったので1週間前には仕上げて
他の荷物と一緒に送るはずでしたが予定がずれにずれ込んで
できあがったのはフェアの2日前,
結局ちっちゃな先輩が持っていってくれました。

そしてフェアでの様子がこれです。

IMG_6785.jpg

徳島の8つの市と町の魅力が伝えられたかな。
誰かの目に止まって足を止めて
立ち寄ってくれたなら嬉しいです。

今は各市町村の特徴を調べながら小さな紙に描いていて
徳島は『おもしろいもの』『めずらしいもの』
『もっと有名になってもいいもの』が
他にもたくさんあることを発見しています。
わたしが直接訪れてからだといつになるかわからないので
情報元の確かな発見をこれから紹介していきたいと思います。

 

すだちくんと。

年末にすだちくんと徳島県の空の玄関と言われる
松茂町(まつしげちょう)に出かけました。
今年が戌年ということで犬の帽子をかぶって
『月見ヶ丘海浜公園』で撮影&お散歩です。

6.jpg

ここは春から秋には芝生が広がる,
アスレチック的な遊具あり,キャンプ施設あり,小さな丘あり,
海に面していて水遊びありの,
家族でピクニック,カップルでデート,ひとりでぼーっとと
なんでも可能な公園です。
空港の奥にあるので飛行機の発着も見ることができます。

21.jpg

わたしたちが訪れたのは真冬だったので一面茶色で人もまばらでしたが
真っ青な空で風もなくなかなかの撮影日和でした。
すだちくんも気分がいいのかあちらこちらでポーズ。
激写をしていると散歩中の老夫婦や赤ちゃん連れの若い家族,
犬と一緒の奥さんやひとり旅の青年が声をかけてくれました。

 

35.jpg

青年は愛知から来ているとのことで
「友だちに自慢します!」
とすだちくんとのツーショットを喜んでくれました。
どんどん宣伝してまた徳島に今度はお友達と一緒に来てね(*´∀`*)

公園の周りには畑が広がっていました。
砂地の畑と土の畑です。
砂地の方では鳴門金時(なるときんとき)というさつまいもが育てられます。
わたしはまだ食べたことがないのですが焼いても蒸してもスイーツにしても
抜群に甘くておいしいそうです。
土の畑にはレンコンに似た葉が倒れています。
でも水がないので『なんだろう?』と思っていたらやっぱりレンコンでした。
徳島では収穫時にはレンコン畑の水を抜いて土の中から機械で掘り上げるそうです。
このレンコンは色白で瑞々しく食感はシャキシャキ,なのに柔らかく
これまで食べたことのないおいしさです。

松茂町は徳島市のお隣,車で30分程度でこの公園に来ることができます。
暖かくなってきたので見える景色もきっと変わっているでしょう。
またすだちくんと出かけたいです。
見かけた時は声をかけてくださいね(*´∀`*)

45.jpg

住んでみたよ!とくしまで

徳島県地方創生推進課
徳島に引っ越したばかりの猫好きが書く徳島紹介ブログです。『あなたの知りたい徳島』,『あなたの紹介したい徳島』をお伝えできたらいいなぁと思っています。一緒に徳島の魅力を発見できたら嬉しいです。

TOPへ