ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ

移住ブログ

子育て応援!空き家&移住相談会を行いました

毎月第2、第4水曜日に藍住町にある大型ショッピングモール『ゆめタウン徳島』で、NPO法人子育て支援ネット―ワーク主催の「子育て広場」が行われています。
s-20181010_113436.jpg

NPO法人子育て支援ネット―ワークは徳島の子育て支援のパイオニア。徳島市籠屋町に『すきっぷ』という子育て支援スペースを構えていて、親子で楽しめるイベントや一時預かりなどを行っています。そのノウハウを多くの人に届け、子育てに悩むお母さんたちの力になろうと、ショッピングモールなどでも徳島県内の子育て情報の提供や季節に応じた歌のステージや手遊び、絵本の読みきかせなどを行う子育て広場を実施しています。
s-20181010_101316.jpg

移住希望の方もUターンを含め、子育て世代が多いことから、今回、移住コンシェルジュも出張相談にお邪魔させていただきました。
s-20181010_113347.jpg

10月10日(水)、ゆめタウン徳島で行った『子育て応援!空き家&移住相談会』では、「子供が生まれて手狭になったため、賃貸から一戸建てに住み替えたい」、「自治体の子育て支援について知りたい」、「将来的にUターンを考えている」、「実家の片付けをしたいけど、どこから手をつけていいか分からない」など、様々な相談が寄せられました。

A4___________3_-001.jpg

空き家という地域課題の解決方法のひとつに、「移住者のために住宅」という選択肢があるのは確かですが、それだけではありません。
「そういえば、祖母の家が空き家になっている」など、思い当たる人は年内にあと2回、空き家&移住相談会を行いますので、ぜひお越し下ださい。

移住フェア雑感2018

7月28日、大阪で行われた『おいでや!いなか暮らしフェア』を皮切りに、今年もまた全国の自治体が参加する大規模な移住マッチングフェアが始まりました。

移住マッチングフェアは大きくわけて2種類あり、各県が単独で行う移住相談会を「県単」、ふるさと回帰支援センターなどが主催し、全国各地から移住支援団体や自治体が参加する「合同」と呼んでいて、集客数の多い「合同」には自然と期待が膨らみます。

「合同」の代表格、『ふるさと回帰フェア』。

s-20180909_125319.jpg

どのくらいの人が集まるかというと、文字通り、北海道から沖縄まで370の自治体が参加し、来場者数は2万人を超えます。

s-20180909_125230.jpg

会場はとにかく、人、人、人!

s-20180909_125331.jpg

会場も広く一度、ブースを離れると、迷子になってしまいそう。

s-20180909_100005.jpg

そんな中、徳島県も一丸となって移住者の呼び込みに力を入れます。

s-20180909_102310.jpg

すだちくんも応援に駆けつけ、

s-20180909_111048.jpg

三好市の皆さんは、来場者へのプレゼントに配るすだちに一工夫。
おもてなしのココロが伝わります。

large.png

また、台風24号が近づく9月29日(土)、『中四国もうひとつのふるさと探しフェア』が大阪で行われました。

s-20180929_111800.jpg

こちらも「合同」フェアですが、中四国というエリアを絞った中規模のイベント。
Uターン希望の方を中心に、「友達や親戚が住んでいる」などゆかりのある人を頼って移住を検討するケースが多く、受付では各県のお土産がプレゼントされ、会場はフレンドリーな雰囲気が漂います。

s-20180929_111856.jpg

悪天候にも関わらず、お越しいただいた方に少しでもいい情報を届けようと、各県PRに力が入ります。

s-20180929_111910.jpg

徳島県のPRスペースもぎっしり・・・。

s-20180929_142654.jpg

このところの地震や豪雨などの異常気象をきっかけに「家族全員、近くで暮らしたい」という要望もあり、娘・息子夫婦とお孫さんも「一緒に住める広い家が欲しい」という方や、「最高で8人で暮らすかも」という大家族の相談もありました。

s-20180929_114335.jpg

自治体では吉野川市さんが初参加!

こうした移住フェアに参加する相談者は年々減少していると言われていますが、シェアは減ってもパイは増えているという印象。その証拠にコンシェルジュは回を追うごとに忙しくなっているような・・・(T_T)

img.jpg

次回は10月28日(日)10:30~、東京交通会館12FカトレアサロンAにて『四国暮らしフェア』の開催を予定しています。

お近くの方は、ぜひお越しください!

 

移住者交流会in東部にいってきました!

徳島県では毎年、移住者同士の交流を図るため、移住者交流会を西部、南部、東部の3カ所で行っています。

kamikatsu01.jpg

今年度の移住者交流会の第1弾は、徳島県東部上勝町。
9月2日(日)、『湯っ足り神田茶屋(ゆったり じでんちゃや)』で行いました。

kamikatsu03.jpg

『湯っ足り神田茶屋』はその名のとおり足湯もあり!毎週日曜のみの営業で、地元の有志で運営しています。7月、8月は神田茶の生産が忙しく、休業していたのでこの日は久しぶりの営業日。
kamikatsu02.jpg

「待ってました!」とばかりに移住者だけでなく、地元の人たちも集まり、28名+子供たちが参加。にぎやかに川遊びやわらじ作りなどの体験を通して交流を深めました。

kamikatsu04.jpg

この日のお昼ご飯は「かき混ぜ寿司」に「はすの酢の物」。飲み物はできたての神田茶!神田茶は徳島特産の阿波晩茶の一種で、ノンカフェインの乳酸菌発酵茶です。ほのかな酸味のある爽やかなお茶で、健康茶としても注目を集めています。

kamikatsu05.jpg

さらにスペシャルメニューとして、自分で釣ったあめごを塩焼きに・・・。

初めて魚を捌く子も、一度教えてもらうとなんなく魚を掴み、手際よく捌きます。

kamikatsu06.jpg

塩をして、しっかり焼けば頭まで全部食べられます。

炭火で焼いたあめごの美味しさ、一度食べたら忘れませんよ~。

kamikatsu07.jpg

他にも竹とんぼ作りなど、昔ながらの工作教室もあり。

 

kamikatsu08.jpg

上勝町内はもちろん、小松島市や阿南市などからも参加いただき、楽しい一日を過ごすことができました。

 

今後、西部、南部での移住者交流会を予定しています。開催日が決まり次第、住んでみんでサイトで紹介させていただきますので、興味のある方はぜひご参加ください。

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。

TOPへ