ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ

移住ブログ

美馬和傘がライセンス商品に!!

皆さん、美馬和傘のライセンス商品があることはご存じでしたか?伝統工芸としての美馬和傘が再度注目されています。

そんな美馬和傘の宣伝普及活動を行った、美馬市の元地域おこし協力隊の江本さん。地域おこし協力隊卒業後も美馬市に定住し、飲食店を経営されています。

江本 恵さん(えもと めぐむ)東京都出身 
2021年4月まで美馬市地域おこし協力隊として活動し、現在は脇町のうだつの町並みにある「うだつ茶房」を運営。

IMG_2262.jpg

江本さんは地域おこし協力隊時にうだつの町並みにある「伝統工芸体験館 美来工房」で和傘製作技術を学び、こうした「伝統工芸を後世に残すために新しい活用やPRが出来ないか」と模索する中で、ライセンス商品に美馬和傘をエントリーすることになったと話します。

IMG_2256トリミング.jpgIMG_2255.jpg

傘は阿波和紙に藍染をイメージした藍色。内側には5色の糸を使った糸かがりと呼ばれる装飾が施されており、伝統的な技術をいかしつつ、カッコ良く仕上がっています。

和傘を作るのには多くの部品と工程を必要とするため、完成までには1本に約半年かかるそうです。そのため、試作品を作るのにも一苦労で、最終的なデザインが決まるまでに和傘を制作する美馬和傘製作集団と運営委員会との間で何度もやり取りが行われたといいます。

美馬和傘は脇町の美来工房でも見ることができますが、2021年7月1日(木)~7月31日(土)の期間、徳島駅アミコビル1Fの産業交流支援センターで、美馬和傘の展示販売が行われていますので、この機会にぜひ現物を見てみてください。とってもキレイですよ!

この他にも伝統工芸品の新商品開発として、阿波踊りで使用される篠笛の藍染にも挑戦!
城西高校の協力の元、何度も試作を重ね濃い藍色に染めることができ商品化することが出来たということです。

IMG_2613.JPG

江本さんは現在、うだつの町並みにある「うだつ茶房」を運営されています。
地産地消のメニューが人気を集めているそうなので、近くへお越しの方はぜひお立ち寄りください。

IMG_2254.jpg

■店舗情報
うだつemon茶房
住所:美馬市脇町大字脇町字突抜町45-1
営業時間:11:00 〜 22:00
定休日:木曜、第2、第4水曜
電話:080-2976-5532
 

本物の舞台芸術を鳴門に!!鳴門市地域おこし協力隊

県内の地域おこし協力隊活動紹介第4弾!!
今回は、「鳴門で舞台芸術文化の花を咲かせたい!」という思いで、鳴門市で演劇やミュージカルを通して、子供たちの社交性や表現力向上を目指し活動する、鳴門市の地域おこし協力隊のお二人を紹介します。

IMG_2325.jpg

(写真左)
高橋 真冬 さん 愛知県出身 2020年4月着任
愛媛県「坊ちゃん劇場」を始め、数多くのミュージカルに出演する傍ら、ミュージカルの脚本、振付、作曲、編曲当の活動。

和田 一詩 さん 愛知県出身 2020年4月着任
高校卒業後、劇団四季に入団し、「ライオンキング」「夢から醒めた夢」など数多くの舞台に出演。2018年には徳島インディゴソックスで投手としても活躍。

このような異色の経歴を持つお二人ですが、2018年に鳴門市の地域総合型スポーツクラブ主催のミュージカル企画への協力活動をきっかけに、鳴門市の地域おこし協力隊になることになったそうです。

これまでの活動では、二人で創作したオリジナルファミリーミュージカル『仕合わせの色』の脚本、歌唱・演技指導を含めた舞台制作のすべてを行い、公募で集まった鳴門市民20名と共に出演。2021年1月24日に行われた公演は約300人が集まり、成功をおさめました。

208534340_202809305177464_2809443611442653464_n.jpg

現在は10月に予定されている公演に向け稽古中で、前回の参加者を大きく上回る42名が集まっているとのこと。

この日も鳴門ふれあい健康館にて、発声や歌唱のレッスンが行われていました。

IMG_2326.jpg

徳島で本格的なミュージカルの指導を受けることが出来る場所は数少なく、とても貴重な経験なので、子供たちも意欲的にとり組んでいました。

IMG_2338.jpg

IMG_2345.jpg

この中から、未来のミュージカルスターが生まれるかも!?

こうしたミュージカルに関する活動の他に鳴門市のPR活動として、協力隊PV『鳴門にき〜だ』も制作し、Youtubeで公開しています。

他にも鳴門市を中心とした地域PR動画を投稿されているので、ぜひチェックしてみてください。

また同チャンネルにて1月に上演されたオリジナルミュージカル『仕合わせの色』を2021年7月21日(水) 10:00~、2021年8月24日(火) 22:00~、期間限定で公開を予定しています!この機会にぜひぜひご覧ください。

10月の公演情報もFacebookにて随時公開予定ですので、こちらもお見逃しなく!

鳴門市地域おこし協力隊Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCp_YKwynv785yeDr8W3TMPQ

鳴門市地域おこし協力隊Facebookページ
https://www.facebook.com/narutokyoryokutai

 

小学校をリノベして生まれた交流施設「たねのや」に行ってきました

ホタルの名所でもあり、全国初の梅酒特区として知られる吉野川市美郷地区。そんな美郷地区に中山間交流拠点施設たねのやが5月29日にオープンしました。

IMG_2273.jpg

2018年に閉校となった種野小学校の1階部分をリノベーションしたもので、地域活性化を目的に地元有志で設立した「NPO法人Tane(たね)」が運営しています。

ゲストハウスとして利用できる大小3つの部屋があり、1日1団体の宿泊利用とレンタル可能な多目的ホール、厨房、カフェスペースがあります。

エントランス

IMG_2291.jpg

エントランスはモダンな雰囲気。外観は小学校の校舎そのままなので、びっくりします。

宿泊室

IMG_2287.jpg

元々校長室だった部屋が宿泊室になっています。畳で落ち着く雰囲気。

多目的ホール

IMG_2313.jpg

職員室が多目的ホールになっていて、イベント利用や団体用の宿泊室としても利用可能です。この日も竹で作る水鉄砲のワークショップ会場として使われていました。

キッズルーム

IMG_2275.jpg

カラフルな床板が特徴的なキッズスペース。教室の雰囲気を残しつつ、子供達が楽しめる空間に。キッズスペースは無料解放されており、誰でも利用可能です。

カフェスペース

IMG_2267.jpg

現在、料理の提供は行っていないそうですが、ピザ窯のレンタルは可能です。

厨房

IMG_2266.jpg

業務用コンロなど設備が整っており、料理教室などに活用できそう。宿泊者の食事は基本自炊か持ち込みなので、宿泊者も利用できます。

Tane代表理事の上家博美さんは「卒業生たちが地元に帰ってきて、たねのやを拠点に新しいことに挑戦するきっかけになったら嬉しい」と話してくれました。

「たねのや」がきっかけでUターンする人が増えるかもしれませんね。

■施設情報
中山間交流拠点施設たねのや
住所:徳島県吉野川市美郷川俣47
電話:0883-43-2900
休館日:水曜日
HP:https://www.tanenoya.com/

 

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。