ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ

移住ブログ

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記3】

皆さんこんにちは!

ふるさと回帰支援センター.JPG

東京有楽町のふるさと回帰支援センターでは、感染予防対策を講じながら対面相談が再開し、少しずつ活気が戻ってきています。徳島県ブースでもご相談の方がお見えになり始めました。

センターで行うセミナーも、事前予約制、参加人数等制限、レイアウトの工夫など、感染防止に配慮しながら再開することが決まっています。

リアルセミナー第一弾は、6月21日和歌山県の「わかやま式新生活のはじめかた しごと&くらし相談会」。

オンラインもいいけれど、対面ならではの空気感、わくわく感がありますよね。

徳島県も8月1日(土)に移住相談セミナーの開催に向けて準備中です!

 

さて、在宅期間中、一番有意義だったことはエリア相談員さん主催の中国四国エリアZOOM会議でした。週一ペースで「オンラインでは何のツールを使っている?」「先日の○○県のオンラインセミナーどうだった?」「オンライン相談と対面の違いは?」「県の会議にオンラインで参加するようになった」など、オンライン情報の共有から「在宅勤務で何してる?」「お昼ご飯どうしてる?」「動かないと体力なくなるね」といったたわいもない会話まで。日々の悩み事をベテランの相談員の皆さんに相談させていただき、大変ありがたい時間でした。

このような交流の場は今までなかったそうで、出勤再開になってもぜひ続けていきたい!との声が上がり…エリア相談員さんの声掛けで、リアル中国四国エリア会議実現しました!

中国四国.JPG

※三蜜を避け離れて座っています。

リアル会議でも充実した時間となりました。やはり話題は5月31日に行われた「オンライン移住フェア」。徳島県からは三好市が参加。「全国規模のオンラインフェアだと、知名度の低い自治体は不利になる、今後、地域やテーマを絞ったオンラインフェアがあるといいかも」という感想が印象的でした。

テレワークがすすみ、都会で暮らす必要性を感じなくなったり、過密状態の都会で暮らすリスクを感じ始めたり、という方が増えています。今後、地方移住に興味があるという方は増えていくでしょう。いろんな相談に対応できるよう、今までの対面形式だけでなく、オンライン相談もどんどん取り入れられて行きそうです。

 

徳島県ブースでは、6月20日(土)「とくしまジョブアシスタン出張相談会」を開きます。こちらはふるさと回帰支援センター徳島県ブースにて対面での開催を予定しております。ご好評いただき、本日受付を締め切らせていただきました。
来月は7月18日(土)開催を予定しております。徳島県の仕事についてご興味ある方はお早めにお申し込みください。

【東京とくしまコンシェルジュの徳島日記2】

皆さんこんにちは!

東京有楽町ふるさと回帰支援センターでは、6月2日より事前予約制にて対面相談を再開しています。

飛沫感染防止のためアクリルパーテーションも設置していますが、センターにお越しの際は、マスクの着用、検温、除菌チェックシートへの記入をお願いしております。ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。

アクリルパーテーション.JPG

さて、徳島移住コンシェルジュは在宅、2交代隔日出勤を経て、約2ヵ月ぶりの通常通りの出勤となりました。久しぶりに会う他県の相談員さんたちも!話題は徳島県からは三好市が参加していた『オンライン移住フェア』についてでしょうか?

 

オンラインフェア2.jpg

5月31日に行われたオンラインでの移住相談会は全国初の試みながら、38道府県138団体の出展があり、約170名の相談者が参加したそうです。この日は大阪OMMビルで『おいでや!いなか暮らしフェア2020』の開催が予定されていたのですが、コロナ禍で中止となったため、山口県周防大島町『LOCONECT』の呼びかけで開催されました。

 

今後、オンラインを使った相談、セミナーも増えていきそうですね。

さて、コロナ太りを気にしている人もいるけど、わたしはどちらかというところコロナやつれ?夏に向けて健康的に過ごしたいです!

徳島県ブースでお待ちしています!

 

 

 

 

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記1】

みなさん、こんにちは!

東京有楽町のふるさと回帰支援センター とくしま移住コンシェルジュの上田です。

緊急事態宣言後、在宅勤務でメール、電話、スカイプでの移住相談承っておりましたが、
6月2日から、事前予約制、感染症対策を講じたうえで対面相談を再開することになりました。

(センターにお越しの皆様にマスク着用など感染予防のご協力をお願いいたします。
詳細、事前予約について、こちらをご覧ください。https://www.furusatokaiki.net/topics/resumption20200527/

東京も緊急事態宣言が解除されましたが、当面はまだ県をまたぐ移動を自粛しないといけないので、東京にいながら徳島を感じることをみなさんとシェアできればいいなと思い、在宅勤務期間中の日々の小さな出来事を投稿させていただきます。

 

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記1】

第一回は、「青虫」!

5月上旬、実家の母が徳島県小松島市の産直市「みはらしの丘 あいさい広場」で買った野菜を、荷物と一緒に送ってくれました。

その中にあったブロッコリーに、小さい青虫さんが。

農薬が少なくて、虫にとっても美味しいのかなあ。

少量のブロッコリーと一緒に虫かごに入れておき、「ウンチの量すごいなあ」と観察していると、数日でさなぎに。

 

毎日虫かごをのぞくこと約10日…。

yoko.jpg

羽化しました!

気温が低かったからか、羽化直後の朝はじっとして、動きませんでした。

 

お昼ごろ様子を見ると、パタパタと羽ばたいています。気温も上がってきたし、元気になってきたのかな。

 

虫かごのふたを開けると、あっという間に東京の空に舞い上がっていきました!

 

yoko2.jpg

 

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記2】

徳島県在住のお世話になっている方からお菓子を頂きました。

「なると金時おいもさん鳴門っ娘」!

さつまいもそっくり~!

思わず並べてパシャリ。


おいもならべ43.jpg

まさにミニチュア鳴門金時、とってもかわいいんです。

原材料はさつま芋・和三盆・紫芋粉末と超シンプル!

 

鳴門金時のホクホク感も再現されていました!味も懐かしく、あたたかい気持ちになりました。


わたしもだれかにプレゼントしたくなりました。
見た目も味も楽しめる徳島県のお菓子です。

hako 43.jpg

 

●有限会社鳳月坊 なると金時 鳴門っ娘 hohgetsubo.jp/order/narutokko.html

 

 

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記3】

東京でも蚊が出てきました!

犬を飼っている我が家にとってはフィラリア予防の季節です。

今日は動物病院にお薬をもらいに行ってきました。

動物病院(室内アップ)43.jpg

犬というと…先日、徳島新聞に美波町の民宿の看板犬「しずちゃん」のことが載っていました。

なんとしずちゃんは毎日 田井ノ浜周辺でゴミ拾いをしているそうです!

えらい~!お掃除犬.JPG

↓ 我が家のわんちゃん「めり」、5歳の女の子です。だいたい寝ています…。

meri.jpg

 

 

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記4】

今日はスーパーで「鳴門らっきょ」を発見!

もうそんな季節なんですね。

らっきょ43.jpg

袋には「大毛島」の文字も。

鳴門海峡に面した大毛島では「銀砂」と呼ばれるミネラルたっぷりの海砂でらっきょうを栽培しています。
 

大毛島は母と慕うAさんの本家があり、子供のころから何度も遊びに行っている思い出深いところです。

このらっきょうたちは、はるばる大毛島からきたのね!


下処理されているので、このままらっきょ酢に漬け込んでおけば、2~3日で食べられるそうです。

ふつうは2週間くらいかかるので、随分早くできるのですね。

今度カレーを作ったら、一緒に食べてみようと思います。

瓶43.jpg

 

 

 

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。