ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ9/9(金)『きらめ樹キャラバン』 in 牟岐町*

移住ブログ

9/9(金)『きらめ樹キャラバン』 in 牟岐町*

 
14054935_564465207071452_3821716282425412194_n.jpg
 
 
 
牟岐町に『きらめ樹キャラバン』がやってきます*
 
森林率が世界第2位という森の国・日本。
その森の多くは手入れが行き届かず、スギやヒノキがぎゅうぎゅう詰めの状態です。
 
日本の森は真っ暗で、木はひょろひょろ。
今後は大規模な風倒木や、それに続く土砂災害も危惧されています。
 
そういった人工林を間引きし、光を入れてあげることで、
地面に草花が育つことができ、鳥や動物たちが帰ってこれる森を蘇らせる。
 
女性や子どもたちでも簡単にできる画期的な間伐手法が、
「きらめ樹」(皮むき間伐)です。
 
今回は、この「きらめ樹」を推進しているNPO法人 森の蘇り
大西理事長と難波副理事長をお迎えするお話会と、
 
実際に残す木、間伐する木の選び方から、森の見方、
そして、実際の皮むき作業までの最新のやり方をシェアしていただきます。
 
きらめ樹の輪を一緒に広げてみませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
kirameki_caravan_front.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
kirameki_caravan_back.jpg
 
 
 
 
 
 
 
<きらめ樹体験会&お話会2016@牟岐>
 
▼日時:9月9日(金曜日)
 開始:9:30  
 終了:15:30頃
  ※雨天決行
  ※途中退出可
 
▼集合場所:牟岐町地域活性化センター 六角舎
▼お話会開催:9:30
▼森への移動:13:00
▼体験会開催:13:15
 

  
▼アクセス
【電車】
牟岐8:42←徳島6:47 JR海部行

○駅から活性化センターまで
牟岐駅から徒歩20分程かかります。
車で来場される場合には、電車で来られる方と駅から活性化センターまで乗りあわせにご協力をお願いいたします。

○活性化センターから森まで
(行き)活性化センターから、森までは、車での乗り合わせになります。 
(帰り)15:30 体験会終了後、活性化センターへ戻ります。

【車】
集合・解散は、同じく牟岐町地域活性化センターです。 
活性化センターから森への往復は、車で片道3分ほど。
 
 

▼参加費
【大人】
ランチ付き 2,500円(参加申し込み時に食事の有無を、コメント欄へご連絡お願いします)
※昼食の受付締め切りは9月2日(金曜日)迄とさせていただきます。
※説明会のみ参加の方 500円

【大学生以下】
無料
 
 

▼持ち物
<必ずお持ちいただきたいもの>
・飲み物
・軍手/手袋(すべり止めがついたものが望ましい)
・汚れても良い服装(山での作業ですので、長袖、長ズボンが◎) 
・雨具
・靴(登山靴もしくはスニーカー。革靴・ヒールは危険ですのでご遠慮ください)

<あった方が良いもの>
・帽子(特に小さなお子さん)
・虫よけスプレー
・休憩時に座るシートやマット等
・ゴーグル・サングラスなど(小さな木の皮などが落ち目に入る可能性もあり、気になる方はご持参ください)
 
 

▼プログラム
きらめ樹間伐は樹を切り倒して乾燥させるのではなく、皮を剥いて乾燥させる手法です。
今回はNPO法人 森の蘇りさん協力のもときらめ樹(皮むき)とお話会を開催します。

子供も大人もできる皮むき間伐。森を身近に感じ、知らないことをたくさん学び合いながら日本の森の現状に対して自分達で出来ることから楽しく関わっていきましょう!
スギ、ヒノキの人工林を持っている方も、ぜひお越しください。


主催:牟岐町地域活性化センター 六角舎 担当 中井

▼問い合わせ先
なかい よしあき 090-9160-3453 akin.oneness@gmail.com

**********************************************

海部エリアでの継続的なきらめ樹体験、
きらめ樹工房立ち上げに向けた協力者随時募集中です。
女性も、子供も、シニアの方も。
関心、興味をお持ちの方なら誰でも参加できます!
 
**********************************************

『きらめ樹』とは

おとなもこどもも、誰でも主役になれる森の手入れ方法。
一定のルールに従って、間引きする樹を選び、夏の間に皮をむきます。
皮をむくことで、樹は自然に乾燥を始め
ゆっくりと葉を落とすことで周りに光を入れていきます。

現在の日本の森は、下草も生えない真っ暗な要間伐林が殆どで、植林したスギやヒノキが使われていないために間伐の手が入らず、人工林が極度に劣化しています。
このため森の保水力が低下し、大雨のたびに水は土砂を流しながら表面を走っていき、川の水量は自然に調整される間もなく天候に左右されつづける中で川や海の生きものたちに大きく影響を与え続けてます。
国内のスギ・ヒノキが使われないない一方で、海外の天然林由来の木材が材として又はチップとして又は合板製品として大量に輸入され続け、地球規模での原生林破壊に日本は加担してしまっている状況なのです。

木肌きらめく。森きらめく。そして、新しい生命がきらめく
“500年後の未来に残したい森づくり”

要間伐林をきらめ樹間伐することで、森に光を入れ、多様性豊かな森を再生する。
「森を再生しながら暮らしをたて直す」という新しい価値観と身近な木づかい術を共有していきましょう。

NPO法人森の蘇り
http://mori-no-yomigaeri.jimdo.com/

 

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。