ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ

移住ブログ

【東京とくしま移住コンシェルジュの徳島日記3】

皆さんこんにちは!

ふるさと回帰支援センター.JPG

東京有楽町のふるさと回帰支援センターでは、感染予防対策を講じながら対面相談が再開し、少しずつ活気が戻ってきています。徳島県ブースでもご相談の方がお見えになり始めました。

センターで行うセミナーも、事前予約制、参加人数等制限、レイアウトの工夫など、感染防止に配慮しながら再開することが決まっています。

リアルセミナー第一弾は、6月21日和歌山県の「わかやま式新生活のはじめかた しごと&くらし相談会」。

オンラインもいいけれど、対面ならではの空気感、わくわく感がありますよね。

徳島県も8月1日(土)に移住相談セミナーの開催に向けて準備中です!

 

さて、在宅期間中、一番有意義だったことはエリア相談員さん主催の中国四国エリアZOOM会議でした。週一ペースで「オンラインでは何のツールを使っている?」「先日の○○県のオンラインセミナーどうだった?」「オンライン相談と対面の違いは?」「県の会議にオンラインで参加するようになった」など、オンライン情報の共有から「在宅勤務で何してる?」「お昼ご飯どうしてる?」「動かないと体力なくなるね」といったたわいもない会話まで。日々の悩み事をベテランの相談員の皆さんに相談させていただき、大変ありがたい時間でした。

このような交流の場は今までなかったそうで、出勤再開になってもぜひ続けていきたい!との声が上がり…エリア相談員さんの声掛けで、リアル中国四国エリア会議実現しました!

中国四国.JPG

※三蜜を避け離れて座っています。

リアル会議でも充実した時間となりました。やはり話題は5月31日に行われた「オンライン移住フェア」。徳島県からは三好市が参加。「全国規模のオンラインフェアだと、知名度の低い自治体は不利になる、今後、地域やテーマを絞ったオンラインフェアがあるといいかも」という感想が印象的でした。

テレワークがすすみ、都会で暮らす必要性を感じなくなったり、過密状態の都会で暮らすリスクを感じ始めたり、という方が増えています。今後、地方移住に興味があるという方は増えていくでしょう。いろんな相談に対応できるよう、今までの対面形式だけでなく、オンライン相談もどんどん取り入れられて行きそうです。

 

徳島県ブースでは、6月20日(土)「とくしまジョブアシスタン出張相談会」を開きます。こちらはふるさと回帰支援センター徳島県ブースにて対面での開催を予定しております。ご好評いただき、本日受付を締め切らせていただきました。
来月は7月18日(土)開催を予定しております。徳島県の仕事についてご興味ある方はお早めにお申し込みください。

【東京とくしまコンシェルジュの徳島日記2】

皆さんこんにちは!

東京有楽町ふるさと回帰支援センターでは、6月2日より事前予約制にて対面相談を再開しています。

飛沫感染防止のためアクリルパーテーションも設置していますが、センターにお越しの際は、マスクの着用、検温、除菌チェックシートへの記入をお願いしております。ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。

アクリルパーテーション.JPG

さて、徳島移住コンシェルジュは在宅、2交代隔日出勤を経て、約2ヵ月ぶりの通常通りの出勤となりました。久しぶりに会う他県の相談員さんたちも!話題は徳島県からは三好市が参加していた『オンライン移住フェア』についてでしょうか?

 

オンラインフェア2.jpg

5月31日に行われたオンラインでの移住相談会は全国初の試みながら、38道府県138団体の出展があり、約170名の相談者が参加したそうです。この日は大阪OMMビルで『おいでや!いなか暮らしフェア2020』の開催が予定されていたのですが、コロナ禍で中止となったため、山口県周防大島町『LOCONECT』の呼びかけで開催されました。

 

今後、オンラインを使った相談、セミナーも増えていきそうですね。

さて、コロナ太りを気にしている人もいるけど、わたしはどちらかというところコロナやつれ?夏に向けて健康的に過ごしたいです!

徳島県ブースでお待ちしています!

 

 

 

 

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。