ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ

移住ブログ

吉野川市地域おこし協力隊活動紹介②

前回に引き続き、吉野川市地域おこし協力隊の田岡さん、福村さんをご紹介します。

田岡 若葉 さん  
吉野川市山川町出身
2021年4月着任

香川県の旅行会社に勤務していた田岡さん。コロナ渦で長期休業、自宅待機となったため、山川町の実家へ帰省していたところ、美郷に新たに開設される『中山間地域交流拠点施設たねのや』の運営を担う地域おこし協力隊を募集していることを知ります。「地元の活性化に貢献したい」と応募し、2021年4月から着任。運営とPRに力を注いでいます。

IMG_2305_トリミング.jpg

ホタルと梅酒で有名な美郷地区。『美郷ほたるまつり』や『美郷梅酒まつり』といった吉野川市の観光を代表するイベントも行われていますが、美郷地区には宿泊施設が少なく、観光客の取り込みが課題となっていました。その解決策として開設されたのが、『中山間地域交流拠点施設たねのや』。2018年に閉校した種野小学校の校舎1階を大々的にリノベーションし、宿泊所と多目的ホール、厨房、カフェスペースなどの備え、2021年5月29日にオープンしました。

IMG_2287.jpgIMG_2278.jpg

宿泊室は元校長室。多目的ルームはかつての教室といった、学校ならではの雰囲気を楽しみつつ、泊まることができます。

また、地域との交流を目的に毎月イベントも企画していて、9月は小学生を対象として飯盒体験と自然体験を併せた『キッズデイキャンプ』の開催が予定されています。定員5名なので、気になる方はお早めにお申し込みください。

名称未設定のアートワーク_356394c56b5d41b17e4ed8953deff68c.jpg

田岡さんは、「今まで美郷に来たことがない新しい客層を取り込みたい」とインバウンドや若者向けにインスタグラムを活用したPRを行っていて、今後も多彩なイベントをどんどん企画していきたいと話してくれました。

ここで得たノウハウをもとにゲストハウス開業を目指しているそうで、現在は県内のゲストハウス巡りをして、勉強中とのことでした。

■施設情報
中山間地域交流拠点施設たねのや
住所:徳島県吉野川市美郷字川俣47
電話:0883-43-2900
休館日:水曜日
HP:https://www.tanenoya.com/

田岡さんInstagram
https://www.instagram.com/m.a.p_insta/

 

福村 和也 さん  
福岡県福岡市出身
2021年4月着任

ヒッチハイクで日本一周する旅の途中で、美馬市で行われた四国シェアサミット2019に参加。その際に吉野川市でまちおこし事業を行う原田真さん(『一般社団法人kittamu』代表理事)に出会い、吉野川市のまちおこしに興味を持ったという福村さん。コロナ渦でヒッチハイクの中止を余儀なくされたことを機に、吉野川市地域おこし協力隊に応募し、現在は主に『美郷ふれあい公園』の整備を担当しています。

221831631_532933368038027_3166939347408688857_n.jpg

福村さんが公園整備を行うことになったのは、昨年11月に行われた『美郷マーケット2020』がきっかけ。木々が生い茂る薄暗い様子だった『美郷ふれあい公園』で屋外イベントが開催されると決まり、そこから大整備が始まりました。

picture_pc_58e78f420834d181651a24e0da4b7941.jpgpicture_pc_cff77ba7b9eafbb47206a5ca4f727f25.jpg

地域の人達が週末に集まり、イベント開催に向けて約1ヵ月の間、木々の伐採、高圧洗浄機を使って泥や苔取りを行い、コロナ渦でのイベントでしたが、無事成功を収めました。

picture_pc_e4c7ba6b44ed57ebd02710cf379c9f50.jpg

「これを機に今後も公園を活用して欲しい」という声を受け、福村さんが引き続き公園の整備を行い、定期的にイベント開催を目指すことに。

とはいえ一人でできる限度を超える作業量に、積極的に協力者を集め、地域の人を巻き込んで整備を実施。3ヵ月間、整備を続けて薄暗かった公園は、光が差し込む明るい公園への変貌を遂げました。

(以下、ビフォーアフター写真)

picture_pc_1989083245c7460919a7da57c1ac2570.jpgpicture_pc_129f24a2975cb718835152c15168362f.jpg

見違えるようにキレイになった公園。光の入る心地よい場所になりました。

picture_pc_330e485472142e79da3f39d92c94eeb4.jpgpicture_pc_0bf34d01f6cb06289c828dc92dc507ae.jpg

「地域の方の協力なしには、ここまで進まなかったと思います。今後も継続的に公園を整備しながら、屋外イベントを企画したい」と話す福村さん。積極的に地域と関わり、活動することで、自然と地域の一員として受け入れられているように感じました。

吉野川市地域おこし協力隊活動紹介①

県内で活動する地域おこし協力隊活動紹介第6弾!!
今回は吉野川市地域おこし協力隊の萬川さん、滑良さんをご紹介します。

萬川 奨 さん  
和歌山県出身
2020年4月着任

『阿波和紙伝統産業会館』で仕事をしていた際に吉野川市のイベントで、まちおこし事業を行う原田真さん(『一般社団法人kittamu』代表理事)と出会ったことをきっかけに、「この人たちと地域を盛り上げる活動をしたい」と、地域おこし協力隊に応募。現在は『美郷ほたる館』を拠点に、観光をテーマに活動する傍ら、映像制作を行う『萬川企画』を起業し、地域のPRにも力を注いでいます。

IMG_4630.jpg

吉野川市美郷地区は「にほんの里100選」に選ばれた『高開の石積み』やシバザクラなど、四季折々の美しい風景を楽しめる場所。県内有数のホタルの名所としても知られ、美郷地区全域は「美郷のホタル及びその発生地」として、国の天然記念物に指定されています。『美郷ほたる館』はそうしたホタルに関する資料展示や研究、飼育を行っている施設で、豊かな自然を身近に感じられるよう、夏場は川あそびやBBQも楽しめます。

IMG_2612.jpg

コロナ前は『美郷ほたるまつり』といったイベントに加え、流し素麺なども行っていたため、夏場は大忙しだったそうですが、コロナ禍で事態は一変。「時代に対応した新たなサービスを」と、萬川さんは同館のアップデートを試みます。Wi-Fi環境を整え、川辺でもインターネットを利用できるようにしたり、屋内から川遊びをする子供たちを見守ることが出来る休憩スペースにビーズソファ(ヨギボー)を導入するなど、ワーケーション施設としても活用してもらえるよう、工夫しました。

IMG_4608.jpg

またコロナ禍で中止となった県外への修学旅行の代わりに美馬市観光協会、阿波市観光協会と協力し、県内の体験学習誘致にも参加。このとき近隣2市の観光協会の対応の早さやスムーズな仕事ぶりを目にし、吉野川市に観光協会がないことが観光における課題と感じ、市に観光振興や地方創生に取り組む団体の設立を提案。地域のまちづくり団体の後押しもあって、一般社団法人kittamu発足の糸口を作りました。

さらに今年6月には吉野川市地域おこし協力隊が企画・運営を行う、吉野川市を体感できる文化体験ツアー&スペシャルディナー『美しい郷の特別なレストラン』を開催。

223694032_344266290514804_6319423876574068241_n.jpg

阿波和紙の和紙漉き体験や梅酒酒蔵見学やホタル鑑賞といった美郷ならではの体験と、元在フランス公邸料理人 有川海渡氏よるスペシャルディナーがセットになったプランは、大好評をおさめました。近く第二弾も開催検討中です。お楽しみに!

■施設情報
美郷ほたる館
徳島県吉野川市美郷宗田82
TEL 0883-43-2888
https://www.misato-hotarukan.jp/

※入館料は大人300円、子供200円。川遊びにも入館料が必要。
BBQ利用(食材持ち込み)は大人600円、子供500円(コンロ・トング・炭付き)
BBQ準備込の場合、大人3,100円、子供2,600円(肉・野菜・タレ・器・コンロ・トング・炭付き)

〇萬川さんYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5m3E6MofQNln3FjerY8_EQ

 

滑良 奈央 さん
大阪府出身
2020年4月着任

滑良さんは『コワーキングシェアオフィス Ki-Da』のスタッフとして勤めながら、水性版画とシルクスクリーンを組み合わせた作品制作を行うアーティストです。

IMG_4667.jpg

滑良 奈央 さん
大阪府出身
2020年4月着任

滑良さんは『コワーキングシェアオフィス Ki-Da』のスタッフとして勤めながら、水性版画とシルクスクリーンを組み合わせた作品制作を行うアーティストです。

美術大学の学生時代、大学の先生の紹介で『アワガミファクトリー』の和紙に興味を持ち、そこで伝統産業の担い手となる地域おこし協力隊を募集していることを知ります。海外留学も視野に入れ、卒業後の進路を模索していた滑良さんにとって、海外展開の強い『アワガミファクトリー』で働ける地域おこし協力隊は、海外とのコネクションも作ることが期待できる魅力的な選択肢でした。「作品を保管する倉庫を借りるのも都市部ではかなり費用がかかるので、設備面からも地方で創作活動をするのもいいなと思っていました」。
しかし、吉野川市の新たな試みとして『コワーキングシェアオフィス Ki-Da』を開設し、これまでにないコミュニティスペースを創造する地域おこし協力隊も同時に募集していると知り、『Ki-Da』のスタッフになる方を選択します。「伝統を引き継いでいくことより、何か新しいことに挑戦してみたい気持ちが強かった」という滑良さん。その期待通り、徳島に来てからは『Ki-Da』のオープンに向けて、新しい挑戦の連続だったといいます。

220474417_573175297175643_9009169313315306261_n.jpg
△滑良さんの卒業制作作品 立体的な作品を使い空間デザインを表現

IMG_2645.jpgIMG_2643.jpgIMG_2636_2.jpg

オープン2ヵ月前に着任し、内装も含め、デザインに関わることを次々と手掛けました。この仕事ぶりが目にとまり、鴨島商店街のお店などからロゴやチラシのデザインの依頼も増え、今ではデザイナーとしての仕事も行うようになったのだとか。アーティストというと、ロゴやチラシも簡単に作れるように思うのですが、自己表現としての作品制作と、人から求められるものを作るデザインではまったく違い、苦戦することも多いといいます。
商店街のシャッターアートの依頼もあるそうで、やってみたい気持ちはあれど、どういう作品にするかはまだ思案中とのこと。「商店街は地域外の人があまり立ち寄るようなところではないので、シャッターアートをきっかけに、商店街のお店にも足を運んでもらえるような、人と地域を結びつけるものが作れるといいなと思っています」。
滑良さんの作品は『Ki-Da』にも展示してあるので、現代アートに関心があるという人はぜひ訪ねてみてください。

■施設情報
吉野川市コワーキングシェアオフィス Ki-Da
徳島県吉野川市鴨島町鴨島252−1 吉野川市民プラザ 1F
TEL 0883-22-2453
https://ki-da.jp/
※利用は会員登録を。1時間300円~。

三好市地域おこし協力隊活動紹介②

三好市地域おこし協力隊の活動紹介の続きで、今回は中橋さん、田中さんを紹介します。

中橋 啓太 さん
愛媛県西予市出身
2020年4月着任(活動2年目)

ラフティングガイドを3年間経験した後、実業団のレースラフティング競技選手として5年間活動。2017年に三好市で行われたラフティング世界選手権吉野川大会には日本代表選手として出場した中橋さん。
選手引退後、三好市が推進する『ウォータースポーツのまちづくり』に共感し、地域おこし協力隊に応募。現在は池田湖で開催するウォータースポーツ体験会を通して、三好市の自然とウォータースポーツの魅力を伝える活動を行っています。

IMG_2692.jpg

中橋さんが所属していた『ラフティングチーム・テイケイ』は日本で唯一の実業団チーム。2010年、2011年と2年連続で世界大会連覇も成し遂げています。中橋さんも2017年日本大会2位、2018年アルゼンチン大会3位という成績に貢献しました。

234144189_831227397452046_1916039165499234623_n.jpg
△△レースラフティング選手時代の中橋さん(左)

三好市では、2017年にラフティング、2018年にウェイクボードと2年連続世界大会を開催したことをきっかけに、市民にもウォータースポーツへの関心が広まっています。
2020年からスタートしたウォータースポーツクラブHESSOKKO CLUB(へそっこクラブ)ではラフティング、SUP、ウェイクボードの体験会を実施。中橋さんも運営スタッフとしてラフティングのパドリング指導を担当しました。
今年は9月20日まで毎週末体験会を開催して、池田市内の小学生を中心とした参加者がウォータースポーツを楽しみ、希望者は世界大会を機に発足したラフティングチーム『TRAKT(トラクト)』やウェイクボードチーム『イケダコイレブン』への加入も受付中!
興味がある人は『ウォータースポーツのまちづくり』Facebookページから予約してください。

234570036_1001788774006006_6925631456660150579_n.jpg

また、中橋さんは三好市が推進する『三好ジオパーク構想』とウォータースポーツを組み合わせた新しいコンテンツ開発にも取り組んでいて、吉野川の流路変更の歴史をSUPをしながら体験できる体験学習型ジオツアーを構想中。「ウォータースポーツと別の何かを組み合わせることで、新たな層を呼び込みたい」と話してくれました。

GEOPARKguidebook2021_ページ_01.jpg

任期終了後はアウトドアガイド、ラフティングガイドの新たな雇用形態、働き方の創出のため、観光客とアウトドア人材が直接マッチングできる仕組み作りをしたいと考えているそう。今後も徳島のアウトドアを盛り上げてくれることを期待したいですね。

〇ウォータースポーツのまちづくりFacebookページ
https://www.facebook.com/NatureTourismMiyoshiEarth/
※HESSOKKO CLUB体験会の参加者募集情報あります。

 

田中 隼 さん
新潟県新潟市出身
2020年5月着任(活動2年目)

タイのバンコクで、東南アジア在住日本人向けのビジネス情報誌の制作などの経験のある田中さん。「帰国して地方の魅力発信に関わりたい」と、全国の地域おこし協力隊を探していたところ、三好市担当者の熱意に惹かれ、地域おこし協力隊として移住。現在は市外へ向けた三好市の魅力発信を行っています。

_KKZ5252-1.jpg

三好市を代表するマーケットイベント『うだつマルシェ』。2011年、小学校の校長だった黒木公子さんの呼びかけで始まり、これまで20回以上開催されてきましたが、新型コロナウイルス流行の影響で開催中止に。田中さんは何かできることはないかと、オンラインマルシェの企画を発案し、出店経験のある人達にインタビューし、店や商品の魅力の詰まった動画を作成。うだつマルシェホームページで公開しました。
さらにマルシェ再開への期待を込め、運営を支えた三好市地域おこし協力隊の元メンバーや、マルシェの名物『うだつちんどん』の出演者らにもインタビューし、「History of うだつマルシェ~三好市地域おこし協力隊と歩んだ10年~」と題した動画を制作。

動画制作の経験はなかったそうですが、独学で編集を学び、ほぼ一人で制作したのだとか。動画はうだつマルシェHPから視聴できるので、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。

また、三好市内で撮影された写真の中から、田中さんと市の広報担当者が選定した写真スポットを紹介する『三好百景-Best 100 Sights of Miyoshi-』も作成しました。

三好百景.jpg

三好市にある風景や街並みなど、思わず写真を取りたくなる景観や、マニアックなスポットなどが紹介されていて、Googleマップ上にスポットが表示され写真も確認できるため、旅の参考にとても便利!カメラ片手にぜひ三好市へ足を運んでみて下さい。

https://goo.gl/maps/6QDxXS1Aa2z3bSx58

今後は都市部企業向けのワーケーション誘致を中心に活動し、「三好市の魅力的な人と都市部の企業をマッチングさせ、新しいローカルビジネスを創出したい」と話してくれました。

〇うだつマルシェHP
http://kirari-honmachi.ciao.jp/
※田中さんが作成した動画が視聴できます

〇三好百景紹介ページ
https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/docs/2322211.html

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。