ログイン
トップ魅力データベースブログとくしま移住コンシェルジュ

移住ブログ

三好市地域おこし協力隊活動紹介①

県内で活動する地域おこし協力隊活動紹介第5弾!!
今回は三好市地域おこし協力隊の張さん、徳島さんをご紹介します。

張 楠 さん(チョウ ナン)
中国安徽省出身
2019年4月着任(活動3年目)

上海外国語大学で日本経済を専攻されており、日本語ペラペラな張さん。大学職員として日本の大学との国際学生交流に関わったことをきっかけに「日本での生活を経験したい」と思い、2017年から2年間国際交流員として、徳島県庁で旅行会社を始めとした海外訪問団体の受け入れやアテンド等の業務に従事されました。三好市を中心とした県西エリアを観光案内する機会が多く、徳島県の観光に興味を持ったことをきっかけに、観光・インバウンド推進をミッションとする三好市の地域おこし協力隊に応募されました。

IMG_2695.jpg

協力隊1年目はコロナ前ということもあり、観光・インバウンドに関わる業務に多く従事しました。2018年から徳島空港に香港との季節定期便が就航したこともあり、三好市では香港からの観光客が最も多く、張さんも香港からの視察ツアーの案内や、香港で開催された旅行博覧会に出張し、現地旅行会社との商談にも参加されました。
「今後もインバウンドは右肩上がりに増えていく!」と期待をしていた中での、世界的なコロナウイルスの大流行には戸惑いは大きかったといいます。

そんなコロナ渦で活動が制限される中、張さんは地域住民への魅力の再認識とSNSを通じた海外フォロワーへのPRを目的に、地域の魅力発信に注力されました。

ひらら焼きアテンドの写真.JPG
226192335_4258351624259104_3635995621536169610_n.jpg
△△祖谷名物のひらら焼きの体験会をする様子

その中でも、地域の方との交流を目的に開催した「水餃子教室」は参加者から大好評だったということです。地域の方に広く参加してもらうため、SNSだけでなく市報でイベント告知をしたところ毎回定員が集まり、隣町の住民からも出張教室を依頼されたということです。

206039358_583172376425231_3321676683982255029_n.jpg

集大成となる3年目の今年度は、張さんの企画の元、日本在住の外国人向けのモニターツアーを一般社団法人そらの郷と連携して開催。第1回は8月初旬に徳島県在住の国際交流員や外国語指導助手(ALT)の方を対象に実施し、2回目以降は中・四国在住者、外国人インフルエンサー等対象を広げていく予定とのことです。

今後のキャリアは「全国通訳案内士」と「旅行業取扱管理者」の資格の取得を目指し、徳島の旅行業での起業や就業を目指しているとのこと。
徳島のインバウンドの課題に関して、「団体ツアーのほとんどが半日滞在が多く、宿泊者が少ないこと」と挙げ、「アフターコロナ時代に適した、滞在型個人向けの外国人ツアーの開発をしたい」と語ってくれました。

〇三好市地域おこし協力隊Facebook
https://www.facebook.com/miyoshi.kyouryokutai

 

徳島 実季 さん
神奈川県横浜市出身
2021年4月着任(活動1年目)

「幼少期にテレビで鳴門のうずしおを見て感銘を受けてから、いつか徳島へ移り住もう」と心に秘めていた徳島さん。東京で金融機関に就職。その後、地域おこし協力隊の制度を知り、移住情報サイトや地域おこし協力隊の募集情報等をチェックして、三好市の協力隊に応募。大学時代に勉強した自身の強みである『手話』を活かし地域の魅力発信に注力されています。

IMG_2705.jpg

三好市は2016年に四国で初めて「手話言語条例」を制定し、公民館での手話学習等、手話の普及に力を入れています。
徳島さんは市報での手話単語紹介をする『ミニ手話講座』の手話表現の担当しており、「手話の必要性がマスク着用で高まっており、コロナ渦の新しいコミュニケーションツールとして広がってほしい」と話します。

手話_頑張る(元気).jpg
△△「頑張る(元気)」という手話の表現(両肘を張り、両こぶしを同時に力強く2回おろす)

「将来的には徳島県の『手話通訳者』の資格の取得を目指したい」と話す徳島さん。
手話の資格には厚生労働省公認の公的資格『手話通訳士』、都道府県認定の『手話通訳者』の2つがあり、いずれも試験に合格する必要があります。市町村認定の『手話奉仕員』は入門編と基礎編の受講が必要です。
徳島県の手話通訳者は高齢化が進んでおり、若い世代の手話の担い手として期待されています。

今年度は1年目なので、今後手話を活用して活躍のフィールドを広げていくことに注目したいですね。

また徳島さん独自の取り組みとして、インスタグラムでのPR活動を行っています。視察研修で訪れた三好市旧4町2村での映えスポットやおもしろスポットで撮影した写真を中心にアップされているので、是非一度ご覧になってみて下さい。

instagram_QRコード.jpg

〇徳島さんInstagram
https://www.instagram.com/tokumiki_iju/

美馬和傘がライセンス商品に!!

皆さん、美馬和傘のライセンス商品があることはご存じでしたか?伝統工芸としての美馬和傘が再度注目されています。

そんな美馬和傘の宣伝普及活動を行った、美馬市の元地域おこし協力隊の江本さん。地域おこし協力隊卒業後も美馬市に定住し、飲食店を経営されています。

江本 恵さん(えもと めぐむ)東京都出身 
2021年4月まで美馬市地域おこし協力隊として活動し、現在は脇町のうだつの町並みにある「うだつ茶房」を運営。

IMG_2262.jpg

江本さんは地域おこし協力隊時にうだつの町並みにある「伝統工芸体験館 美来工房」で和傘製作技術を学び、こうした「伝統工芸を後世に残すために新しい活用やPRが出来ないか」と模索する中で、ライセンス商品に美馬和傘をエントリーすることになったと話します。

IMG_2256トリミング.jpgIMG_2255.jpg

傘は阿波和紙に藍染をイメージした藍色。内側には5色の糸を使った糸かがりと呼ばれる装飾が施されており、伝統的な技術をいかしつつ、カッコ良く仕上がっています。

和傘を作るのには多くの部品と工程を必要とするため、完成までには1本に約半年かかるそうです。そのため、試作品を作るのにも一苦労で、最終的なデザインが決まるまでに和傘を制作する美馬和傘製作集団と運営委員会との間で何度もやり取りが行われたといいます。

美馬和傘は脇町の美来工房でも見ることができますが、2021年7月1日(木)~7月31日(土)の期間、徳島駅アミコビル1Fの産業交流支援センターで、美馬和傘の展示販売が行われていますので、この機会にぜひ現物を見てみてください。とってもキレイですよ!

この他にも伝統工芸品の新商品開発として、阿波踊りで使用される篠笛の藍染にも挑戦!
城西高校の協力の元、何度も試作を重ね濃い藍色に染めることができ商品化することが出来たということです。

IMG_2613.JPG

江本さんは現在、うだつの町並みにある「うだつ茶房」を運営されています。
地産地消のメニューが人気を集めているそうなので、近くへお越しの方はぜひお立ち寄りください。

IMG_2254.jpg

■店舗情報
うだつemon茶房
住所:美馬市脇町大字脇町字突抜町45-1
営業時間:11:00 〜 22:00
定休日:木曜、第2、第4水曜
電話:080-2976-5532
 

本物の舞台芸術を鳴門に!!鳴門市地域おこし協力隊

県内の地域おこし協力隊活動紹介第4弾!!
今回は、「鳴門で舞台芸術文化の花を咲かせたい!」という思いで、鳴門市で演劇やミュージカルを通して、子供たちの社交性や表現力向上を目指し活動する、鳴門市の地域おこし協力隊のお二人を紹介します。

IMG_2325.jpg

(写真左)
高橋 真冬 さん 愛知県出身 2020年4月着任
愛媛県「坊ちゃん劇場」を始め、数多くのミュージカルに出演する傍ら、ミュージカルの脚本、振付、作曲、編曲当の活動。

和田 一詩 さん 愛知県出身 2020年4月着任
高校卒業後、劇団四季に入団し、「ライオンキング」「夢から醒めた夢」など数多くの舞台に出演。2018年には徳島インディゴソックスで投手としても活躍。

このような異色の経歴を持つお二人ですが、2018年に鳴門市の地域総合型スポーツクラブ主催のミュージカル企画への協力活動をきっかけに、鳴門市の地域おこし協力隊になることになったそうです。

これまでの活動では、二人で創作したオリジナルファミリーミュージカル『仕合わせの色』の脚本、歌唱・演技指導を含めた舞台制作のすべてを行い、公募で集まった鳴門市民20名と共に出演。2021年1月24日に行われた公演は約300人が集まり、成功をおさめました。

208534340_202809305177464_2809443611442653464_n.jpg

現在は10月に予定されている公演に向け稽古中で、前回の参加者を大きく上回る42名が集まっているとのこと。

この日も鳴門ふれあい健康館にて、発声や歌唱のレッスンが行われていました。

IMG_2326.jpg

徳島で本格的なミュージカルの指導を受けることが出来る場所は数少なく、とても貴重な経験なので、子供たちも意欲的にとり組んでいました。

IMG_2338.jpg

IMG_2345.jpg

この中から、未来のミュージカルスターが生まれるかも!?

こうしたミュージカルに関する活動の他に鳴門市のPR活動として、協力隊PV『鳴門にき〜だ』も制作し、Youtubeで公開しています。

他にも鳴門市を中心とした地域PR動画を投稿されているので、ぜひチェックしてみてください。

また同チャンネルにて1月に上演されたオリジナルミュージカル『仕合わせの色』を2021年7月21日(水) 10:00~、2021年8月24日(火) 22:00~、期間限定で公開を予定しています!この機会にぜひぜひご覧ください。

10月の公演情報もFacebookにて随時公開予定ですので、こちらもお見逃しなく!

鳴門市地域おこし協力隊Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCp_YKwynv785yeDr8W3TMPQ

鳴門市地域おこし協力隊Facebookページ
https://www.facebook.com/narutokyoryokutai

 

とくしま移住コンシェルジュ

とくしま移住コンシェルジュ
徳島県への移住を希望する方に向け、電話相談や面談などを行っています。移住・定住のサポートを行う自治体担当者や移住支援団体とのパイプ役として。住まいや仕事の情報も徳島県の各部署やとくしまジョブステーション、ハローワークと連携してサポートさせていただきます。