ログイン
トップ移住支援情報【神山町】「お家長生きプロジェクト」がスタート

移住支援情報

【神山町】「お家長生きプロジェクト」がスタート

 徳島県・神山町の移住交流支援センターでは、平成30年4月1日より空き家活用の事前登録「お家長生きプロジェクト」を開始しました。

お家長生きプロジェクト1.pngお家長生きプロジェクト2.png

 IT企業や若者の移住者が増えている神山町では、移住者が入居できる住宅が不足する状況が続いています。神山町移住交流支援センターに寄せられる、住宅についての新規問い合わせは、平成28年度は81件、平成27年度は76件と高い件数になっており、入居の順番待ちが発生しているほどです。一方、町内では、子・孫世代と同居していない高齢者の夫婦や一人暮らしが増えています。

 そこで活用可能な住宅を事前に登録する仕組み「お家長生きプロジェクト」を考案しました。空き家になってからの登録ではなく、居住している間に登録を行い、目印の札「お家長生き宣言」を掛けて周囲に知らせます。事前に意思表示を行う点が臓器提供ドナー登録制度に似ています。

お家長生き宣言(札)

 本人や家族・親族で相談を行ってから「お家長生きプロジェクト」への登録を行います。登録後提供される目印の札「お家長生き宣言」を玄関などに掛けることで「お家長生きプロジェクト」に参加していることを示します。いつか空き家になった場合、神山町移住交流支援センターが入居者を探すお手伝いを行います。

 持ち主にとっては、賃貸・売買することで住宅をきれいに保ち続けることができますし、神山町のまちづくりにも貢献できます。神山町に親御さんの住宅がある世代にとっては、賃貸・売買する際の手続きや不安について相談できます。2015年「空き家対策特別措置法」が施行され、倒壊や保安上の恐れがある空き家は「特定空き家」の勧告を受け、固定資産税が6倍になる場合がありますので、節税対策にもなります。

 神山町移住交流支援センターでは、「お家長生きプロジェクト」の活動を通じて、神山町が抱える過疎化・少子高齢化・経済の衰退などの地域課題の解決に貢献できればと願っています。

興味のある方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

カテゴリー

お問い合わせ

神山町 移住交流支援センター(神山町農村環境改善センター内・NPO法人グリーンバレー)

電話:
088-676-1177
Fax:
088-676-1177

イベント

2018年7月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11

TOPへ