ログイン
トップ住まい

住まい

「家庭菜園がしたい」「ペットと広々暮らしたい」など、移住後のライフスタイルをイメージし、家探しは1~2年くらいかけるのがベター。希望地域が決まっていれば、市町村の空き家バンクにも相談してみて。

空き家バンク

貸したい人と借りたい人、 売りたい人と買いたい人をつなぐ空き家バンク

空き家バンクとは自治体が空き家の登録を募り、利用を希望する人に物件情報を提供する制度です。
ホームページで間取りや各部屋の写真などと共に情報を公開している自治体もあるので、参考にしてください。

空き家バンクへの登録、利用方法について

空き家説明図

akiya01.png

空き家所有者
(空き家を売りたい・貸したい人)

・空き家バンクに登録する
各自治体の申し込みフォームに必要事項を記入して申し込みを行う。行政職員が物件確認を行い、登録される。

akiya02.png

空き家バンク
(自治体窓口)

所有者と利用希望者の連絡調整や情報提供は行うが、あっせん、契約などは行っていない。

akiya03.png

利用希望者
(空き家を買いたい・借りたい人)

・気に入った空き家の利用を申し込む
空き家バンクを利用する際、納税証明、利用申込書などの提出が必要な自治体も。

akiya-check2.png

空き家バンクに登録したからといって、すぐに希望者がみつかるとは限らない。

空き家バンクに登録する際、売却を希望する場合でも、まずは賃貸にする方が借り主を見つけやすいです。何年か住んでもらって、気に入れば買い取ってもらう。そのときはこれまでに支払った家賃分を差し引くなど、契約時に交渉しておくといいでしょう。それでもすぐに希望者がみつかるとは限らないので、期待しすぎないように。

akiya04.png

交渉・契約

所有者と利用者の間で交渉、契約を行う。自治体が指定する宅建業者や空き家コーディネーター*が仲介する場合もある。

akiya-check2.png

家を見るときは、自分の感覚を大切に。移住者なら一晩泊まって様子を見て。

家を探している人はいろいろな物件を見るうちに、なんとなく「自分が好きな家」というのが分かるようになってきます。その感覚を大切に!気になる家は晴れの日、雨の日、朝や夕方など何度か行ってみて、陽交渉・契約の入り具合や周りの様子も見た方がいいでしょう。移住者ならできれば一晩、町に泊まってみて町の雰囲気も体験することをおすすめします。

* ) 空き家コーディネーターとは徳島県内に事務所を有する宅地建物取引業者において業務に従事する宅地建物取引士で、県が主催する養成講習会を受講した者。市町村からの依頼により、空き家コーディネート業務を行う。

TOPへ

とくしま空き家事情

徳島件の空き家率は全国4位
ピンチはチャンス!?

2019年9月、総務省より発表された平成30年住宅・土地統計調査によると、全国の空き家数は848万戸、総務住宅数の13.6パーセントと過去最高を記録しました。
都道府県ごとの空き家率を見ると、徳島県は19.5%で、全国4位。
トップ10に四国四県が入るという結果でした。
夫婦のイラスト

空き家率の高い都道府県
1 山梨県 21.3%
2 和歌山県 20.3%
3 長野県 19.6%
4 徳島県 19.5%
5 高知県 19.1%
6 鹿児島県 19.0%
7 愛媛県 18.2%
8 香川県 18.1%
9 山口県 17.6%
10 栃木県 17.3%

「平成30年住宅・土地統計調査」より

そば打ち、カフェ、ゲストハウス
空き家活用で手にする『人生の楽園』

空き家が多いことをマイナスに感じる人をいると思いますが、空き家率1位の山梨県、3位の長野県は田舎暮らしに憧れ、地方移住する人に人気の地域。都会暮らしから一転、田舎で新しい人生スをタートさせた夫婦 を紹介するテレビ番組「人生の楽園」のように、空き家となっていた古民家を活用して蕎麦処、カフェ、ゲストハウスなどを開業し、夢を叶える人も増えています。田舎暮らしへの関心は若い世代ほど高く、一 年を通じて温暖で暮らしやすく、空き家の多い徳島は、そうした人達からすると魅力的な地域といえます。

家族のイラスト

不動産を「富動産」に!
愛着をもって住みつなぐ家

田舎に残された空き家の管理や処分に悩む家族から、不動産は"負動産"と呼ばれ、持ち主の精神的な負担になっていることも。
「家族はもう住まないから」と物置代わりにしていたり、老朽化が進むのを待って家財ごと取り壊してしまおうと考えている人も珍しくありません。移住者を中心に活用が広まった空き家は、今、地元での需要も高まり、若いファミリーの転出抑制にも繋がっています。大切に住んでくれる人に貸す、新しい活用法を見つけるなど、不動産を「富動産」として活用しませんか?この機会に、空き家の可能性についてちょっと考えてみてください。

本を読んでいるイラスト

TOPへ

空き家相談

空き家相談は、お住まいの市町村役場か 「とくしま回帰」住宅対策総合支援センターへ

「空き家はあるけど、どこに相談したらいいの?」という人は、徳島市川内町にある「とくしま回帰」住宅対策総合支援センターへ。
空き家の利活用、除却の相談、リフォームや相続・税金など、相談者の課題解決に向け、 ワンストップで対応しています。また、お住いの市町村役場でも空き家に関する相談や除却、リノベーションなどに関する補助金申請を受け付けています。

空き家の補助金一例

壊したい
最大80万円等

対象となる経費
空き家の解体費用

補助を受けるには
・現在、誰も住んでおらず、今後も使われる予定がないこと(建替は不可)
・空き家判定士*等による調査を行い、不良度の条件を満たすことなど
*空き家判定士とは、建築士と既存住宅状況調査技術者の資格を持ち、 県が開催(または県が指定)する講習に合格した者。徳島県独自の制度。

リノベーションしたい
最大200万円等

対象となる経費
空き家の改修費用

補助を受けるには
・改修後は移住者向けの住宅等として所定の期間使用すること
・その他、市町村によって 様々な要件あり

  除却事業 利活用事業
徳島市 建築指導課 088-621-5272 住宅課 088-621-5285
鳴門市 まちづくり課 088-684-1171 商工政策課 088-684-1158
小松島市 住宅課 0885-32-2120 秘書政策課 0885-32-2127
阿南市 住宅・建築課 0884-22-3431 定住促進課 0884-22-7404
吉野川市 建築営繕室 0883-22-2224 都市計画住宅課 0883-22-2225
阿波市 住宅課 0883-36-8731 住宅課 0883-36-8731
美馬市 住宅・空き家対策課 0883-52-5612 移住・定住促進課 0883-52-8129
三好市 管理課 0883-72-7681 地方創生推進課 0883-72-7607
勝浦町 建設課 0885-42-1506 企画交流課 0885-42-2552
上勝町 建設課 0885-46-0111 企画環境課 0885-46-0111
佐那河内村 企画政策課 088-679-2973 企画政策課 088-679-2973
石井町 総務課 088-674-1111 総務課 088-674-1111
神山町 建設課 088-676-1514 産業観光課 088-676-1118
那賀町 防災課 0884-62-1183 まち・ひと・しごと戦略課 0884-62-1184
牟岐町 建設課 0884-72-3418 産業課 0884-72-3420
美波町 建設課 0884-77-3618 政策推進課 0884-77-3616
海陽町 建設課 0884-73-4159 まちみらい課 0884-73-4156
松茂町 建設課 088-699-8718 建設課 088-699-8718
北島町 まちみらい課 088-698-9806 まちみらい課 088-698-9806
藍住町 生活環境課 088-637-3116 生活環境課 088-637-3116
板野町 環境生活課 088-672-5987 環境生活課 088-672-5987
上板町 企画防災課 088-694-6824 企画防災課 088-694-6824
つるぎ町 危機管理課 0883-62-3111 まちづくり戦略課 0883-62-3111
東みよし町 建設課 0883-79-5342 企画課 0883-82-6302

「とくしま回帰」住宅対策総合支援センター 088-666-3124

TOPへ