ログイン
トップ移住者インタビュー

移住者インタビュー

この場所が子どもの故郷で、本当に良かった。

Iターン 50代 鳴門市 営業・販売

閑俊雄さん 鳴門国定公園に指定される、穏やかで優しい海の風景。その目前で雑貨店「ISLAND(アイランド)」を経営する閑さんは、15年ほど前に大阪から移住してきました。今では県内外から多くのお客様が訪れる観光地の一翼を担っています。

この場所が子どもの故郷で、本当に良かった。

美波町は移住しやすい町。郷土愛も芽生えています。

Iターン 40代 美波町 サービス・飲食 地域おこし協力隊

園木裕介さん 子供が生まれたことをきっかけに移住を考え始め、「釣りが好き」という理由で選んだ海辺の町・美波町。縁もゆかりもない町で、NPO『日和佐まちおこし隊』の一員として地域活動を行ううち、周囲の地元愛にあてられ、定住を決意。桜町商店街の復興を夢見て、今春、カフェをオープンします。

美波町は移住しやすい町。郷土愛も芽生えています。

日本一ドローンが飛ぶ町を目指して

Iターン 40代 那賀町 専門・その他 地域おこし協力隊

喜多幸治さん 2014年夏。台風11号による大雨の影響で、那賀町は広範囲にわたり大規模な災害に見舞われました。その時、災害ボランティアに参加し、町の活動に興味を持ったのが移住のきっかけ。現在は地域おこし協力隊として、温泉×ジビエ×ドローンという異質なコラボによる町おこしに奮闘しています。

日本一ドローンが飛ぶ町を目指して

地域の魅力を発信するために頑張っています。

Iターン 美馬市 専門・その他 地域おこし協力隊

倉科智子さん 美馬市の山間部にある重清北小学校跡地での交流促進簡易宿泊施設「山人の里」。神奈川県から移住した倉科さんは、ここで地域おこし協力隊として働いています。「毎日が驚きの連続」と笑う彼女に、移住への経緯と美馬市の魅力について聞いてみました。

地域の魅力を発信するために頑張っています。

住まいの専門家として村の一員になりました。

Iターン 30代 佐那河内村 建築・土木

島津臣志さん 「最初は移住する気はなかった」と当時を振り返る島津さんの職業は一級建築士。村からの要請に応える形で移住を決めたそうですが、現在は呉服屋さんだった商家で建築事務所を構え、佐那河内村の人々と交流を深めながら、移住者向けの空き家などの改修を手掛けています。

住まいの専門家として村の一員になりました。