ログイン
トップ移住者インタビュー

移住者インタビュー

地域全体が親戚みたいな村で暮らしています。

Iターン 30代 佐那河内村 サービス・飲食

小松 円さん 小さな一人娘と動物たちを連れて小松さんが移住したのは、徳島県唯一の村である佐那河内村。暮らしはじめる前から何度も足を運び、地域の人々と交流しながら住むところを見つけたという彼女は、かつて村の自転車屋さんだったという空き家で個性的な居酒屋を営んでいます。

地域全体が親戚みたいな村で暮らしています。

始まりは山の中にある廃校との出会いでした。

Iターン 40代 三好市 編集・クリエイター 事務・企画

植本修子さん 廃校になった山の中にある小学校を、自身のサテライトオフィスとしてだけではなく、カフェやギャラリースペースとしても人気のスポットに再生させた植本さん。東京での生活を終え、三好市へ移住して1年半あまりが過ぎた今、どのような感想を抱いているのでしょうか。

始まりは山の中にある廃校との出会いでした。

大切なのは「自分」を知ってもらうことです。

Iターン 30代 三好市

西村耕世さん 大阪の広告・出版業界でキャリアを積んでいた西村さんは、2014年に祖父母の地元へ戻った「孫ターン」の一人。平日は老舗旅館を改装したサテライトオフィスで働き、休日は畑仕事に勤しむという移住者ならではのライフスタイルには、憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

大切なのは「自分」を知ってもらうことです。

仕事と遊びが両立できる懐の深さが自慢です。

Uターン 50代 石井町 情報サービス

北野雅史さん・由希子さん 海外や関東地方で長く暮らした後、故郷である石井町へUターン移住した北野さん夫妻。永住権を取ったニュージーランドを離れて石井町へ住むことを選んだ理由、およそ20年ぶりに戻った町での「懐かしくも新しい暮らし」について聞いてみました。

仕事と遊びが両立できる懐の深さが自慢です。

「緑のふるさと協力隊」への応募が移住のきっかけに

Iターン 佐那河内村 専門・その他

栗原 美幸さん 佐那河内村在住 埼玉県出身 2010年Iターン きっかけ 大学在学中に休学し、大学の掲示版で案内があった平成20年度「緑のふるさと協力隊」に応募し、佐那河内村へ派遣されました。協力隊として、農作業の手伝いや食品加工、地...

「緑のふるさと協力隊」への応募が移住のきっかけに