ログイン
トップ移住者インタビュー

移住者インタビュー

自分たちだけの「色」を表現するために。

Iターン 20代 30代 上板町 工芸

渡邉健太さん・楮覚郎さん 上板町地域おこし協力隊の同期として、偶然の出会いを果たした渡邉さんと楮さん。二人が立ち上げた「BUAISOU」は、藍の栽培から製品製作までを一貫して行うアーティストグループとして、国内外から大きな注目を集めています。それぞれの言葉から、上板町から始まった、新たな「藍色」の物語が見えてきます。

自分たちだけの「色」を表現するために。

一人でも多くの人に阿波市の魅力を伝えたい。

阿波市 専門・その他 支援団体

保坂菊代さん 食糧自給率136パーセントを誇る徳島県の中でも「農業立市」として知られる阿波市。こうした地域の特性を生かして移住交流促進事業に取り組んでいるのが阿波市観光協会です。自身も東京からの移住者である保坂菊代さんにお話をお聞きしました。

一人でも多くの人に阿波市の魅力を伝えたい。