ログイン

移住者インタビュー

Iターン

自分たちの手で、未来を変えられる場所です。

Iターン 40代 上勝町 編集・クリエイター 事務・企画

仁木啓介さん 昨年に「上勝開拓団」を設立し、映像制作やイベント制作によって地元を盛り上げている仁木さん。東京の映像制作会社のディレクターだった彼が、この地への移住を決めた理由は、まちの人々との感動的な交流体験や、地方が秘める未来への可能性にありました。

自分たちの手で、未来を変えられる場所です。

固定概念を外せば、きっと見えてくる。

Iターン 30代 上勝町 農林漁業

百野大地さん 「葉っぱビジネス」で知られる上勝町の第3セクター「いろどり」でインターンを体験し、同町に移住した百野さん。その後も地域おこし協力隊として阿波番茶の開発に携わるなど、地域活性化への取り組みを続けています。百野さんが感じる、上勝町の魅力とは?

固定概念を外せば、きっと見えてくる。

サッカーのチカラで、徳島を元気に。

Iターン 30代 松茂町 専門・その他

柘植竜治さん 徳島ヴォルティスの前身である大塚製薬のプロサッカー選手として活躍していた柘植さん。選手引退後は指導者や普及担当として、縁の下から徳島のサッカー界を支えてきました。サッカーが秘める地域おこしへの可能性と、選手時代から住み続けてきた松茂町への思いを伺いました。

サッカーのチカラで、徳島を元気に。