ログイン
トップ移住者インタビュー仕事編集・クリエイター

移住者インタビュー

編集・クリエイター

アーティスト部分と受注仕事の両方あってバランスが保たれていると思います

Uターン 30代 牟岐町 編集・クリエイター

宮内淳子(J子)さん 徳島県への移住促進を行う『住んでみんで徳島で!』のポスターや牟岐・出羽島アート展での作品展示なども知られるJ子さん。消しゴムハンコアーティスト・KESHIHAN洞として手作り市にも出店し、県南部を代表するご当地アーティストとして親しまれています。

アーティスト部分と受注仕事の両方あってバランスが保たれていると思います

移住してきたことで「ふるさと」が増えました。

Iターン 30代 美馬市 編集・クリエイター

長谷 梓さん 元モデルにして似顔絵イラストレーター、数秘術を使うカウンセラーと興味深い経歴を持つ長谷梓さん。現在は徳島市に事務所を構えて「ももはる堂」として活躍している彼女に、美馬市へ移住してきたきっかけをはじめ、徳島で生活する思いなどを聞いてみました。

移住してきたことで「ふるさと」が増えました。

始まりは山の中にある廃校との出会いでした。

Iターン 40代 三好市 編集・クリエイター 事務・企画

植本修子さん 廃校になった山の中にある小学校を、自身のサテライトオフィスとしてだけではなく、カフェやギャラリースペースとしても人気のスポットに再生させた植本さん。東京での生活を終え、三好市へ移住して1年半あまりが過ぎた今、どのような感想を抱いているのでしょうか。

始まりは山の中にある廃校との出会いでした。

藍染めの魅力に気付き、Uターン後に染め物屋をやってます。

Uターン 神山町 編集・クリエイター

瀧本 昌平さん 神山町在住 2010年 京都府からUターン きっかけ 県外の音楽業界で働いていましたが、いつかは徳島に帰るつもりは漠然とありました。県外でいる間に、徳島の「藍染め」が誇れる文化と気付き、染色家を生業にしようと決意、京都...

藍染めの魅力に気付き、Uターン後に染め物屋をやってます。